前へ
次へ

意識を変えて労働相談

セクハラなどの労働相談には正しく認識されていないことも多々あり、企業としても放っておけないのは従業員の意欲の低下を招いてしまう恐れがあります。そんなことでセクハラなんてという時代ではなく、ちょっとしたことでも相手が嫌悪感を抱いてしまうと、スムーズで円滑なビジネスができなくなります。またこういったことが公になることで加害者の信用が失うこともありますし、トラブルが解決できなければ裁判として訴えられること理解が必要です。また労働相談で泣き寝入りのように被害者が退職をしてしまうケースでは、その後に企業内での業績悪化がでてくることもあるので見逃せない事案です。お酒の席を設けた場合に酔った勢いに任せて女性に抱きついたり、差別発言をしてしまうと相手ばかりか周りの人たちからも敬遠されるようになります。冗談で済ませられないことでは上司に対して精神的な苦痛を味わったということでは、セクハラだけではなくパワハラなども入ってきます。

Page Top