蜑阪∈
谺。縺ク

社会のいじめと労働相談

社会生活においていじめというのは実際問題としてクローズアップされることで発覚することが多く、相談ができないケースも多々あります。
労働基準監督署などに相談をすることもできますし、労働相談としてしっかりと扱っていくことが労働者の意欲にも大きく反映することです。
会社内のいじめということでは、上司から無理やり仕事を任されたり、到底できないような案件をお願いされることで、自分に不利な立場を作られることもあります。
また勝手なことを吹き込まれたりすることで、悪口を言われるようになり、直接的ではなくてもその場からいられなくなるような態度をとられることも多いです。
これらはそのまま放っておくことなく労働相談として行政の窓口や場合によっては弁護士にお願いして裁判まで持っていくこともあります。
もちろんお互いに話し合って折り合いがつけばいいのですが、いじめている側が勝手な言い分や自分の立場を利用して強制的な指導をすることも考えられます。

Page Top