蜑阪∈
谺。縺ク

セクハラなどの労働相談

インターネットなどの通信機器の発達によって情報化社会が進んできていることからも、インターナショナルな感覚が必要になっているといえます。
また今までは日本だけの価値観として通用したいたことが変わってきて、近年では男女雇用機会均等法によって労働問題でもあるセクハラ防止がなされています。
しかし労働相談が後を絶たない状況となっており、セクハラに対する認識は高まってきていますが、被害状況では減っていないのも否めないことです。
そしてセクハラのポイントとして考えないといけないのは、職場で起こることでは表立って問題になることも少ないということもあります。
これは仕事を一緒にやっている以上はトラブルになりたくない、メモごとを起こしたくないという被害者の意識が存在するからです。
こういったセクハラに対する労働相談があるのも、女性が圧倒的に多いですが男性も少なからず被害にあっている人もいます。
もし被害にあっている場合には、自分のこれからのためにも声を上げて問題提起をすることが大切です。

Page Top