蜑阪∈
谺。縺ク

デリケートな労働相談

労働相談でも多くの案件を扱っているのがセクハラ問題であり、企業もそういった問題を放置しておくことで信頼と信用を失うことになります。
女性が上司などの立場の上の者に異性関係を問いただされたり、肉体関係を迫るといったことをやることはセクハラのレベルでもかなり悪質です。
立場の弱い関係で特に女性となると、こういった事案が発覚すると一緒に仕事をできなくなったり、大きな組織では移動がありますが、小さな組織では必ず顔を合わすことから退職する人もやむなくいます。
行政で行っている労働相談をするときにもデリケートな問題になっていることからも、相談員は女性だったりすることが多いです。
話しやすい環境にしてどのようなトラブルを抱えているのか悩みを持っているのかを知ることで、企業に注意をすることができます。
また企業でもこういった問題を放置すると、従業員への影響を考えなくてはいけないことからも、少しでも解決できるように人間関係を改善しておくことです。

Page Top